トラブル一切ナシ!かんたんインターネット車査定

MENU

委託販売で車を売るデメリットと期間

車売却の方法は様々ですが、その1つに委託販売があります。
そのシステムは、いわゆる宣伝代行に近いですね。例えば委託販売の業者に車の売却をお願いすると、まず雑誌媒体などの広告に車の情報を掲載してくれます。その広告を見た誰かから反響があった時には、利益が発生するという仕組みになるのです。一般的な車買取店に比べると、車が比較的高く売れる可能性を秘めていますね。

 

しばらく車が売れない事も

 

ところが委託販売のシステムには、実はデメリットが1つあります。売れない可能性もあるのです。
委託販売のシステムでは、そもそもすぐに売れるとは限りません。ちょっと時間がかかってしまう事も、たまにあります。長ければ半年間車が売れない事もあるようですね。
半年間も車は売れないとなると、やはり車の売り手としては少々焦ってしまうでしょう。このため販売のシステムが充実している業者を選ぶのが大切ですね。もしくは実績が豊富な業者に委託するのも大切だと思います。車が売れるかどうかは、委託業者のスキルに左右される一面があるからです。

 

他の方法は半年間かかる事はほとんど無い

 

これに対して他の売却方法の場合は、さすがに半年間という事例はほぼありません。
例えば車買取のお店の場合は、買取スピードが非常に早いですね。早ければ査定を行った日の内に買い取ってくれるような業者もあります。
それと業者オークションの代行業者の場合も、そこそこの早さです。車買取店ほどではありませんが、2週間から3週間前後が1つの目安と言えるでしょう。車の売却額も、そこそこ期待できます。
このように委託販売というシステムは、「売却が成立するまでに多少の期間が必要な場合がある」のがデメリットですね。早さを求めるのであれば、別の売却方法を検討する方が良いかもしれません。